みのちゃん、「エンカウンターで縁カウント」・・・

 

先日、参加型のカウンセリングの学習会に行ってきました。参加者は、全部で22名でした。

子育て中のお母さんやらNPO団体の活動家やら、看護士、保育士、サラリーマン、大学生など様々な職業の方たちでした。定期的に1年間、同じこのメンバーで学んで行きます。

この会では、“エンカウンター・グループ”という手法で、体験学習をするそうです。

 

エンカウンターとは、「出会い」という意味であり、この場合の「出会い」とは心と心の通い合う「私」と

「あなた」の関係をいうそうです。ですから、街で通りすがりに出会う人とは違います。

 

 第1回目ということで、自己紹介から始まりました。その方法は、4人のグループになり

「3分間インタビュー式自己紹介」で、2人1組となり相手の方に3分間でインタビューしながら、

情報を頂きます。聴かれる側の人は、話したくないときは、断ってもいいのです。互いにインタビューした後

に、今度は、今インタビューした内容を、4人の前で交代で他己紹介にて発表し、4人でシェアします。

 

時間を区切られたり、全くはじめての人にインタビューしたり、それをまとめて皆の前で発表したりと、なかなか緊張感があって楽しいものでした。しかし、中には、「私こういうの苦手で・・・。まさかこういう学習方法だとは思わなくて・・・困ったな〜」と、心細そうにおっしゃられる方も居られました。

 

実は、私はこういうのだ〜い好きなのです。初めてお会いする人とお話しするのは、とてもわくわく、

どきどきして、この楽しい緊張感が私をうきうきさせ積極的にしてくれるのです。だから私は、

人との出会いが大好きで、大事で、人生の宝物だと思っています。こうして出会った皆さんと1年間一緒に

学習できると思うと、とても嬉しいです。まさに、エンカウンターで素敵な縁をカウントできた学習会でした。