2007年4月18日

みのちゃん、「STEP勇気づけセミナー」で勇気づいちゃったの話

 

 

 春休み、二人の子どもを妹のところへ預け、私は、希望を胸に、川崎で開かれた1泊2日の「STEP勇気

づけセミナー」を受講して来たのです。

 

 これは、教育学の良き伝統を引き継いだアメリカのアドラー心理学派の専門家達によって考え抜かれた

もので、親と子が、どうすれば互いによい影響を与え合うような関係を作れるかを、具体的・実践的に学習

するプログラムです。アメリカでは、これまでにSTEPを学習した人が500万人以上にのぼり、スペイン語

やギリシャ語にも翻訳され、文化の違いを超え、あらゆる国々でその効果をあげています。

日本では、1981年から各地で実践されています。

 

 今回のセミナーの参加者は、とても愛情深く熱心な、ある有名私立小学校の先生、明るく素敵に輝くカウ

ンセラー、包容力があり心の広〜い公務員、そして私の4名でした。そこでは、STEPリーダーと呼ばれる

講師という立場ではなく私達と同じ立ち位置でファシリテーターをしてくださるリーダーが居り、ハンドブック

を中心に、ディスカッションし、典型的な問題について演習し、参加者同士が勇気づけ合い、その方法を家

庭に帰って活用出来るように学習するものでした。年齢・性別、職業や専門の違いを超えて、共有できた

この時間は、私にとって素晴らいしく刺激的なものでした。そして、私自身も皆さんからたくさんの勇気付け

を頂きました。

 

 さて、なぜ、私が、このセミナーを受講したかと言うと・・・・

現在、LOCOMSをテーマに地域で活動をしていて、どんなお母さんも子育てにおいていろいろな悩みを抱

えているな〜、と感じていました。そこで、「この地域でお母さん方と共に子育てをするのに、軸となり共有

し活用できる子育ての原則やテクニックは無いものか・・・と探していたのです。そして、あるカウンセラー

の先生から薦められ受講したのです。

 

 この方法であれば、乳幼児から思春期までの子育てに、また、家族関係に、広く人間関係にと多様に活

用できます。今後、地域で「STEP勇気づけセミナー」を開き、豊かなコミュニケーションができる地域づくり

をしていきたいと考えています。乞うご期待^^。