これは、日頃活動をする中で、人前でスピーチしたり、ファシリテーションをしたりする機会の多い私が、

自分の振り返りにもなり、自分を鍛えることにもなるであろう!!・・・と言う思いから参加した、あるコミュニ

ケーショント・レーニング講座で学習したものです。

 

「限られた時間の中で(1分間)、いかに、人に“自分”(私)を理解してもらえるように伝える事ができるか?」

・・・という、一つの方法です。

これは、自分を振り返り、自分に気付き、新たな”私“を発見するにも良い方法であると思いご紹介させていただきます。

 

コミュニケーショント・レーニング

1分間で私を伝えよう!!

 

200〜250文字で表し、1分間スピーチで『私』を伝えよう!!とするものです。

 機仝狭討鮟颪海

 

 まず、

「私は〈   〉が好きなので【   】です。」と言う文章を作ります。

 

(例)「私は〈学ぶ事〉が好きなので【今、大学生】です。」

次に、

A 学ぶ事〉を好きになった背景に関する質問

・・・「なぜそうなの?」

 

B 学ぶ事〉が好きということに関する質問  

・・・「どんな?」

 

C 今、大学生についての質問       

・・・「それで?」

            

A・・・

なぜ、学ぶのが好きになったの?

→→→ 人間を科学してみたいと考えたから。

 

いつ頃から?

→→→ 子どもを生んで更に深まった。

B・・・

どんな事を学ぶの?

→→→ 心理学

 

学ぶことのどんなところが好きなの?

→→→ 自分自身の知見が広がる喜びがある。

 

一日どのくらい?

→→→ 3〜5時間

 

どこで、いつ?

→→→ 図書館や自宅、子どもが寝てから。

C・・・

どんな学び方?

→→→ 通信制なのでマイペースに学べる。

 

将来何かになりたいの?

→→→ 将来と言うよりは、学びながら活動する

      今を楽しんでいる。

   

      

 上記A〜Cを下記に落とし込んで、1分間スピーチの文章を作っていきます。

  A・・〈背景〉

私は、___こんな経験があります。

 

    だから

  B・・〈感覚〉

私は、___が好きです。

 

    なので

  C・・〈事象〉

今、私は___です。

  

 

    こうして出来たのが、以下の文章です。

      

私は〈学ぶ事〉が好きなので、【今、大学生】です。

 

タイトル: 「家族は私の応援団!!」

私は今、通信の大学に学ぶ学生です。子どもを生んでから、人間を科学してみたいという欲

求は更に深まり心理学を学んでいます。 子ども達は「大人でも試験があるの?でも、お母さ

んは楽しそうでいいね。」と心から応援してくれています。 主婦業の傍ら1日3〜5時間を捻出

し勉強し、実証科学として地域で活動しながら実践しています。 遅ればせながら、こうして

自分自身が自分なりに知見を広め深めている事に喜びを感じています。 学びの本質は喜び

だと思います。私が、かつて無いほどに、フル回転で頭と心と身体を使って学んでいることを、

子供や家族は半ば飽きれながらも理解し支えてくれています。家族は私の応援団です。

 

供.好圈璽舛鬚靴茲

  スピーチのコツ

  聴衆に視線を合わせる(一人3秒間位づつ)

  全体を見回しながら(横8の字に視線を移動する)

  堂々と話す。

  演出する­­----声のトーンー・・・番後ろのほうへ投げかける、強弱、さりげなく感情移入。

        ­­----­­パフォーマー・・・特に聞いて欲しいポイントは手振り。 形・動きを示すジェスチャー。

  上手に話そうとしない、思い(言いたいこと)を表現する。

 

★心構え・・『みんな大好き!!』

 

原稿を元に1分間でスピーチしました。30人が代わる代わる心を込めてスピーチしました。

それを29人の聴衆は、アクティブリスニング(相手に興味を持ち、心で聴く)で聴きます。

そして、スピーカーへのダメ出しではなく、良かった点を褒め認め合います。

こうして、29人がそれぞれの“私”たちを共有し、分かち合い、励まされ、刺激をいただきました。

日頃、自己紹介をすることの無い人でも、伝える技術として試しに原稿を作ってみてはいかがでしょうか。

本当の”私“に出会えるかもしれません。